top of page
  • 執筆者の写真店主

【新規集客】知ってもらわないと話は始まらない!サロン新規集客のカギは必勝2パターンです

自己紹介

 

いつもお世話になります、店主です。

私はサロンモデル専門店を立ち上げ、顧客ゼロ・実績ゼロ・認知ゼロの状態から12か月で取引実績を1,400店舗(2024/7/8現在)まで伸ばしてきたマーケティングが得意な人間です。

生成AIを活用したAIスタイル写真の考案者と聞くと、バリバリの技術者肌の人間だと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。


以下のグラフをご覧ください

サロン新規集客のカギは必勝2パターンです

あるサロン様は広告を2月号から掲載開始しましたが、3か月間成果が出ませんでした。

そこで、5月号より私がページ作りを全面的に担当することになりました。

その結果、5月号では即効性のある成果が出ました。


具体的には:

新規予約数が2倍に増加

PV数が前月比約1.6倍に増加


その後も成長は続き、担当2か月目には上位プランの平均PV数を上回りました。現在は、さらに2つ上位のプランのPV数を上回る勢いで推移しています。(2024/7/8現在)



主題

 

新規集客の結論から言いますと、「知ってもらう」が基本になります。

今回は、未認知未購買層の獲得をどのように目指すのかについて記事にしていきたいと思います。

新規顧客には、未認知未購買層と既認知未購買層の2種類に分類することができるという記事を書いていますので、よろしければ合わせてご覧ください。






◆あなたのサロンを認知する必勝2パターン

 

認知獲得はビジネスの基本となりますので、意識されない方はいないと思います。

では、新規集客で成功するサロンとそうでないサロンでは何が違うのでしょうか。

言い換えれば、どんな事を認知したときに人は購買するのか。

それは、

・あなたのサロンの利便性

・あなたのサロンの独自性

この2点を十分に認知したとき、顧客は購買行動へと移ります。

サロンのビジネスモデルによっては、利便性と独自性が直結していたりするのですが、それぞれをしっかりと切り分けて理解し、顧客に対して伝えられるかが購買行動を引き出すポイントとなります。



◆あなたのサロンの利便性

 

利便性とは一言でいえば、顧客が得られるメリットです。

ここで一つ、大変重要なポイントがあります。

それは、サロンが考える顧客が得られるメリットと、顧客が感じる顧客が得られるメリットは完全に別物だということです。


いくらお客様から「施術が上手だから通っている」と言われても、それをそのまま宣伝に使えばよいかというと、もう少し掘り下げる必要があるかもしれません。


もしかしたら、「別のサロンで失敗されて新規来店したら、細かくヒアリングをしてくれて、気になっているところや、これからどのような施術をしてリペアしていくかを詳しく説明してくれたから信頼できるし、上手なんだろうなと感じる。」と思っているかもしれません。


そうなった場合、あなたの強みは「丁寧なヒアリングと説明で、初めての方でも安心して施術を受けられます。」と伝える方が同じ悩みを持った消費者に届きやすいと感じるでしょう。


このように、顧客が感じる顧客が得られるメリットを深堀していくことで、あなたのサロンを選んだ本当の理由を聞きだすことができれば、サロンの利便性を伝えるのに困ることがなくなります。


どのように深堀していくかや、そもそもどのように聞き出せばよいかなどは、また別の記事にしたいと思います。

また、集客に関するお悩み相談も購入者様限定で行っておりますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

サロンモデル専門店の店主が対応させていただきます。


話がそれてしまいましたが、これを読んでいる皆様には、顧客が感じる顧客が得られるメリットを伝えていただきたいと考えています。



◆あなたのサロンの独自性

 

独自性とはつまり、数あるサロンからうちを選ぶ理由です。

数あるサロンといっても、商圏で選ばれる理由を探せばよいです。

独自性を簡単に見つける方法としては、

・時間(不可逆性)

・場所(固有性)

・サービス(独創性)

・実績(絶対性)

などの性質を組み合わせることで簡単に超強力な独自性を見つけ出すことができます。


ちなみに、この組み合わせもお客様からの意見がとても参考になります。

髪質改善をしたいとご来店された新規のお客様に、「他にも髪質改善を取り扱うサロンはあると思いますが、なぜ当店を選んでくれたのですか?」と思い切って聞いてみるのも良いでしょう。


このように、利便性と独自性を切り分けて考えることで、訴求力の高い認知を行うことができます。



◆どうやって伝えるか

 

認知の必勝2パターンを用意できたところで、効果的な訴求を行えなければせっかく考え抜いた強みも意味がなくなってしまいます。


ここではざっくりとした広告媒体の紹介を行いたいと思います。

それぞれの詳しい運用方法については、かなり長くなってしまいますので割愛します。

現在主流の媒体の運用に関しては別の記事で書かせていただきます。


・クーポンサイト

・DM

・チラシ

・看板

・GoogleMAP

・SNS

・動画

・紹介

・ホームページ


細かいお話はさておき、ビジネスモデルや地域によって投下資本に対する効率が異なってはきますが、基本的にはデジタルの領域の方がお金がかかるし効果が高いと考えます。

立地を広告と考えれば一番お金がかかるし効果の高い選択となりますが、今ある資源を活かすという前提にしたいので別と考えます。


どの媒体を選ぶにしても、ビジネスの流れを事前に設計しなければなりません。

せっかく苦労して認知を獲得しても、購入方法がわからなければお客さんは途中で諦めてライバル店へと向かいます。


SNSや動画は、利便性や独自性を伝えるのに適しているとされていますが、予約システムを内包していない場合が多いので、消費者の負担が少ない導線を設計する必要があります。


その点、購買意欲の高いユーザーが多数アクセスし、予約や決済まで行える機能が一体型となっているホットペッパーや楽天ビューティー、minimoなどの打ち出しから見直すのが効果が高いと考えます。


特に、ホットペッパービューティー攻略につきましては、別の記事で書きたいと思います。



◆まとめ

 

・あなたのサロンの利便性は何ですか?

→常連様が通っている理由を深堀してみましょう!


・あなたのサロンの独自性は何ですか?

→新規のお客様がうちを選んでくれた理由を深堀してみましょう!


・どのような媒体で伝えていますか?

→伝えた後の予約導線をきっちりとつなげましょう!



終わりに

 

このブログでは、予約数を2倍にするページ作りに役立つ情報や、マーケティング全般に関する情報を定期的に発信していきます。

新着ブログの情報はLINE公式にてお知らせいたします。

LINE公式の友だち追加がまだの方は、是非友だち追加をお願いいたします。


閲覧数:38回0件のコメント

Commentaires


bottom of page